活動や挑戦、神社仏閣、リーダー、家庭では父親や夫を表す六白金星の意味
九星気学占いスクール

六白金星

性格

 外見は風格があり、柔和な感じで頭脳明晰な人が多い。自然と気位が高くなる傾向があるため、傲慢に見られるなど誤解されやすい。 内面は気が強く短気でわがままで強情な一面を持つ。

 何事にも大事を取り過ぎ慎重になるため、かえってチャンスを逃すこともある。 本来は正直な人である。そのためおせじや愛嬌には乏しい。聡明さと先見の明があり、人の上に立つ傾向が強い。

 真面目でさっぱりとしている。 負けず嫌いで努力家でもある。世の中の荒波にもよく耐えて乗り越える。冷静沈着で打算的な面もある。行動面は先に進み後ろを振り返らない。 他人に指示されるのが嫌いで、態度が大きかったりする。

運勢

 中年頃までは苦労が多い運命である。独立心が強いため起業する人も多い。物質運に恵まれる運勢であるが、 親類縁者にお金を費やし苦労が耐えない事もある。

 晩年に恵まれる運勢で、中年期の44歳頃や55歳前後も良く、 60歳を過ぎると特に良好である。

 六白金星の方は、徳をもって生まれているとも言われ、自己主張をして我を通すことなく、 事に当たれば自然と成功を収めることが出来る運勢である。

象意

方位: 北西

季節: 晩秋、初冬

意味: 挑戦

象意: 天、創造的、強大、円満、父、夫、リーダー、大河、川、海、大草原、大脳、肺、心臓、骨、筋肉、運動、活動、官公庁、老人、神社、仏閣、丸い、寛大、高貴、戦争

運勢: 活動、半吉